ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|ホテル転職特集|【転職特集⑦】宿泊予約(フロント)

ホテル転職特集

ホテルで働く人のための情報を配信しています。

【転職特集⑦】宿泊予約(フロント)

【宿泊予約の仕事とは】
宿泊予約は、ホテルビジネスの根幹とも言える、「客室」の「予約業務」をしっかり引き受け、予約のコントロールをするのが、主な仕事です。

宿泊予約の詳しい仕事内容は以下の通りです。

◆ホテルのビジネスにおいて、最も基本的な商品は「客室」です。ホテルは、基本的に稼働率100%を目指します。宿泊客を確保し、キャンセルの対応なども加味した上で、売り余しを作らずに、それぞれの客室にお客様を振り分けます。ホテルビジネスを支えるのが、宿泊予約の仕事です。

宿泊予約セクションには、毎日おびただしい数の電話やメール、FAXが入ります。一番多くは、個人のお客様ですが、旅行会社からの予約であったり、団体のお客様であったり、外国の個人のお客様であったり、外国の団体様であったりします。

宿泊予約の仕事がどこの部署に存在するかどうかは、ホテルによって異なってくる場合があることを知っておきましょう。フロント業務の中に存在する場合もあれば、営業部門の中に配されている場合もあります。
例えば、小さいホテルとかですと、フロントのポジションの方が宿泊予約のコントロールも行っています。しかしながら、大規模なホテルであれば、宿泊予約のポジションが、独自で存在する場合が多い事でしょう。例えば、営業のポジションの方が、旅行代理店や学校への折衝などもして、大口の宿泊予約を取ってきたりもするので、宿泊予約が営業のポジションに入っている場合もあるのです。そのように、営業の人間が、大口の宿泊予約を取り交わしてきた場合にも、どのようなフロアに、どんな部屋割りで、それらの大人数のお客様を振り分けるかを考え、配置するのが、宿泊予約の仕事の1つです。
単純に、「宿泊の予約をシステムに入力すれば良い」「キャンセルの方のお部屋を取り消せば良い」、だけの簡単なお仕事では決してありません。難しいのは予約のコントロールです。客室の数には限りがあるので、当然むやみに予約を入れてしまうわけにはいきません。ホテルの100%稼働を目指し、キャンセル分をチェックし忘れずに、「売り余し」を作らないことは基本です。反対に、客室の数以上に予約を取ってしまうと、オーバーブッキング、つまり二重契約になってしまいます。それは、ホテルの重大なルール違反であり、お客様に多大なる迷惑がかかってしまいます。それらのコントロールは、ホテルの稼働率に直結しますし、非常に重要で、かつ、お客様にご迷惑がかかってしまう可能性もあるため、ミスの許されない仕事です。
また近年、ネット予約が格段に増えてきている背景から、宿泊のプラン作成、管理、自社HPでの予約管理増えてきました。ホテルの収入を上げるためのレベニューマネジメント知識や、マーケティング知識を習得すれば、ホテルの収入を上げる為のポジションに向けて、キャリアを積んでいく事もできるでしょう。

また、宿泊予約のポジションは、直接お客様とお話する機会が多くあります。空室確認や、料金のご説明にはじまり、施設内容に関しての質問などにも正確に答える必要があります。お客様の到着時間や交通機関なども、確認する必要があります。また、お客様の中にお子様やお体の不自由な方がいらっしゃったら、必要な備品を伺ったり、マニュアルにはない気配りも大切です。また、こうした予約のコーディネートの他にも、お客様のお出迎え、お見送りなどの接客も行います。
お客様との電話対応、メール対応にはじまり、直接接客する機会もある宿泊予約のポジションには、ホテリエに求められる当然のマナーや言葉使いは必須になることは間違いありません。
こうした予約のコントロールに際して、お客様がより快適にホテルをご使用頂けるように、宿泊予約のお仕事では、営業はもちろん、他部門との打合せも欠かせない業務です。

【活かせる経験やスキル】
特に資格などは必要ありませんが、様々な国のお客様と、様々なお話をする必要性が有りますので、なるべく多くの国の語学は持っていると大変役に立つことでしょう。また、マーケティングの知識があると、宿泊者を募るための企画力なども身につき、役に立つことでしょう。

【身につくこと・キャリアアップ】
◆身につくこと
おびただしい数の電話やメール、WEBの対応をしていく必要のある宿泊予約では、迅速かつ正確な事務処理対応能力が身につくことでしょう。また、ホテル運営を支える根幹となるポジションである為、責任感のある業務姿勢は身につかざるを得ません。そして直接お客様と、電話や接客でお会いする機会がありますので、ホテリエとしての基本的なマナーや言葉遣いも身につきます。

◆キャリアアップ
様々な国のお客様と接することになるので、各国の語学を身につけると大いに役に立ちます。それらの語学力は、これからの時代、ホテルで働いていく上でのキャリアアップに必ず役に立つことでしょう。また、マーケティングやレベニューマネジメントの知識を付けて、ホテルへの集客をはかり、収益を上げる様な仕事ができるようになった際には、宿泊マネージャーや、ルームコントローラーなどのホテルの業績を大きく左右する役割を担うポジションへキャリアアップしていけると言っても過言ではありません。

【キャリアストリーム編集部からの一言】
宿泊予約のポジションに配された場合には、沢山のキャリアアップを目指せる機会に恵まれます。まずマーケティングの知識、そして海外のお客様にも柔軟に対応出来るだけの語学力。それは宿泊予約のあなたにとって、大きな強みになり、どんどんキャリアアップを狙っていける事でしょう。

→キャリアストリームで宿泊予約の仕事を探す
TOP