ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|ホテル転職特集|【転職特集⑩】ルームサービス

ホテル転職特集

ホテルで働く人のための情報を配信しています。

【転職特集⑩】ルームサービス

【ルームサービスとは】
ルームサービスの仕事は、お客様がお部屋でお過ごしになる時間が、心地よくなるように、お客様からのご要望を叶える仕事です。
基本的には、ルームサービスの仕事は、お食事のご注文を受け、客室へご提供する事が主な業務になりますが、それ以外にも、お客様が客室で過ごす上で、何か困った際に電話がかかってくる事もありますので、そのような対応にも的確、そして迅速に業務を行なわなければなりません。

ルームサービスの仕事は、以下の内容です。

◆ルームサービスのポジションは、ホテルによって配置されている部署が異なってきます。宿泊部門に属する場合もあれば、料飲部門、レストラン部門に配されている場合もあります。人数もホテルの規模によって様々で、大規模の高ランクのホテルになると、何十人にも及ぶセクションになる場合もあります。

ホテルの各客室に置かれている電話には、フロントあての番号と、ルームサービスあての番号が一般的には配されています。そして、その客室には、ルームサービス専用メニューが置いてあります。
多くのホテルにおいては、レストランが併設されており、そのレストランでお食事を召し上がるお客様もいらっしゃれば、自室でくつろぎながらお食事を楽しみたいというお客様もいらっしゃいます。
そういったお客様は、ルームサービスのメニューを見て、ルームサービス専用のダイヤルにてコールし、御希望のお食事を注文します。その後、オーダーテイカーと呼ばれる、お客様のお食事のメニュー伺い係が、注文を承り、ルームサービスによってお客様にご提供されます。ただお食事を運べばいいといったお仕事ではなく、自分であればどのようなサービスを提供出来るのか、等、常に主体的に細やかな気配りをして、お客様にご満足頂くお仕事です。

【活かせる経験やスキル】
一般的な接客業務を遂行できるような技能と共に、他セクションのホテリエと同じく、外国人のお客様をもてなす事もあるので、一般会話レベルの語学力は必要でしょう。また、お客様がご朝食を召し上がっている最中には、ルームメイキングをし、お部屋をある程度整えて置く事などが必要になります。お客様がお部屋で快適に過ごせるように、お客様に対しての目配り、気配りが出来る様なスキルは大いに役に立つことでしょう。
【身につくこと・キャリアアップ】

◆身につくこと
日本旅館で言えば、仲居さんのような役割を担うルームサービスのポジション。お客様と一番近い場所で仕事をする事になります。基本的なルームサービスとしての接客マナーはもちろんの事、ホテリエには欠かすことの出来ない、丁寧な言葉遣いや、品格のある所作なども、身につくことでしょう。

◆キャリアアップ
ルームサービスのポジションは、宿泊部門に属する場合もありますが、料飲部門、レストラン部門に属する場合もあります。ルームサービスの係を経て、セクションごとのマネージャーになることや、各部門の責任者になることも狙える事でしょう。

【キャリアストリーム編集部からの一言】
24時間いつでも、ホテルの客室で「お腹が空いた~!!」と思った時に、電話一本で、希望の料理が客室に。ホテルのお客様にとって、非常に魅力的なサービスであるルームサービスは、お客様がホテルで過ごす時間を、より非日常的で魅力あるものにしてくれます。それ故に、ルームサービスを心待ちにしているお客様に、ご不快な思いをさせるわけにはいきません。お食事のご提供などの際には、痒いところにも手が届くような、きめ細やかなサービスで、お客様のホテルライフを、より素晴らしいものにする事が求められます。

→キャリアストリームでルームサービスの仕事を探す
TOP