ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|業界トピックス|優良宿泊施設認証制度を創設/京都府

業界トピックス

ホテル業界の最新ニュースをリアルタイムでお届けします。

優良宿泊施設認証制度を創設/京都府

2017/04/18

 京都府は、訪日外国人を含めた観光客に対し、安心・安全な宿泊環境を提供するため、「府優良宿泊施設認証制度」(通称、京都府認証 安心のお宿)を創設した。旅館や民宿などの利用を促進する狙いもある。認証施設には「認証ステッカー」を交付、府のホームページ(HP)でも周知する。

 現在、マンションや空き家などを宿泊施設として転用する、違法な民泊が府内全域で広がる一方で、既存の旅館や民宿などが十分に利用されていない現状を踏まえた措置。安心・安全な宿を府が認定、広く周知することで利用促進につなげたい考え。

 対象となる施設は、旅館業法の許可を受けている旅館・ホテルや民宿などで、京都市の施設は除く。京都府によると、「府内には京都市の施設を含め約2,000軒ほどあるが、今回の対象施設数は上記条件を満たす800軒ほどになる」(観光政策課)。現在、申請を受け付けている。

 認証の条件となるのは、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)の提供する損害保険やこれに類する損害賠償保険制度への加入、近隣への迷惑防止ための取り組み推進などに加え、(1)外国人旅行者に対応可能な設備および環境を整えている(2)バリアフリーに対応している(3)地域と共存・共栄するための取り組みをしている―のうち、一つ以上該当していることが必要。

TOP