ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|ホテリエへの道|ホテリエに向いている人とは?適性とは...

ホテリエへの道

求められる人材になるために、会社や上司が経営者や人事担当のホンネを教えます。

ホテリエに向いている人とは?適性とは?

2017/03/07

ホテリエに向いている人は、「お客様に喜んでもらう事に喜びを感じられる」スキルがある事が、大前提であるでしょう。

◆あなたは、「人の為に何かしてあげたい」とか、「人が喜ぶ姿を見ると、自分自身も嬉しくなる」気持ちを抱く事ができますか?ホテリエには、こうした「ホスピタリティ精神」、つまり、おもてなしの心が必須になると言っても過言ではありません。
例えば、接客の仕事をしていて、お客様が喜んでくれたことに強い喜びを感じたりする、その気持ちがあれば十分なのです。お客様へ自分自身のサービスを売る仕事ですので、そのサービスに対してお客様がご満足頂けることに、嬉しい気持ちを抱けないようなら、この仕事は、精神的に苦しくなってしまうことでしょう。

また、ホテルは様々な仕事をするセクションの人々の集合体によって運営されています。大勢のスタッフと一緒に働きます。ですから、仕事中には、各部門間で協力しあわなければならない事が沢山出てきます。お客様にとっては、フロントであろうと料飲関係のセクションの者であろうと、管理部門の人間であろうと、皆同じホテリエなのです。ホテルで務める以上、各セクションのホテルスタッフの方々と良きチームプレーを発揮し、お客様へご満足頂けるホテルライフを送って頂く事が責務です。

【キャリアストリーム編集部からの一言】
ホテルというサービス業界で働く上では、お客様にとって話かけやすい存在になることも、非常に重要な適性であると思います。ホテリエが、話しかけにくいオーラを纏い、近寄りがたい雰囲気を放っていた場合、そのホテリエに例えば些細な道案内などを気軽に聞けるでしょうか?ホテリエには、人を惹きつける様な魅力のある人が大変適しています。そんなホテリエになるべく、常に明るい雰囲気を醸し出し、爽やかな接客ができ、人に対して親切である事が非常に大切です。求人にもこうした記述が多くありますので、是非参考に!

TOP