ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|ホテリエへの道|ホテリエへの転職

ホテリエへの道

求められる人材になるために、会社や上司が経営者や人事担当のホンネを教えます。

ホテリエへの転職

2017/03/06

転職にも様々あり、自分の培ってきた得意分野の中で転職する方もいれば、全くの異業種へ転職をする方もいます。ホテルへの転職に関しては、ホテル業界が活況を迎えており、需要があるという事に加え、比較的未経験者でも受け入れる風土があるため、異業種からの転職も多く見られます。

◆ホテルへの転職に関しては、異業種からホテリエになる方もいれば、ホテルからホテルへと、キャリアアップを目指して転職をする方もいます。

まず、異業種からホテル業界への転職ですが、未経験にも関わらずホテリエになる人、実は結構多くいます。ホテル業界は、専門的な業界ではありますが、セクションによっては未経験でも十分に活躍できるフィールドがあります。例えばホテルの管理部門。経理部門等は、経理の経験が活かせる事でしょうし、総務や事務等は、異業種で培ったビジネス経験が活かされる事でしょう。また、現場で働くホテリエとしての主なお仕事はサービス業です。その為、接客関係のお仕事で、人へのおもてなしの力を培ってきた方は、その経験が十分に活かされる事でしょう。そして料飲部門に関しても、他の飲食業界での経験が十分に活かせます。つまり、ホテル業界は、異業種からの転職が、非常にしやすい業界であると言えるでしょう。但し、ホテルで働く者の基本である、ホスピタリティ精神は持ち合わせてなくては勤まらないでしょう。

そして、ホテルからホテルへ、キャリアアップを狙っての転職に関しては、往々にしてあるものです。同じ業界での転職に関しては、その業界独自の内情を転職者もホテル側も理解しあっている為、それまでどのようなセクションで、どのように働いてきたのか等、詳しく確認される事でしょう。それまでのポジションや、能力に応じて、配属されるポジションが決められる事でしょう。また、国内のホテルから外資系のホテルへ転職を目指すのであれば、まず語学力は必須になるでしょう。

【キャリアストリーム編集部からの一言】
外資系のホテルは、国内のホテルに比べて比較的お給与が良いとされています。その為目指したいと考える方も多いと思いますが、国内のホテルと外資系のホテルでは、社風も大きく異なる事に加えて、求められる裁量も異なってくるでしょう。自分自身がどのような働き方をしたいのかをしっかりと考え、自分にあった働き方ができるホテルを目指す事が、自身の転職活動を成功させ、ホテル業界にて輝く近道です。

TOP