ホテリエのためのキャリアアップ求人・転職サイト|ホテリエへの道|ホテリエの役割とは

ホテリエへの道

求められる人材になるために、会社や上司が経営者や人事担当のホンネを教えます。

ホテリエの役割とは

2017/03/09

ホテリエはホテルの顔とも言える存在です。
ホテルを利用したお客様が、そのホテルにどんな印象を持つかと言われれば、ホテル自体の設備、料理、そしてもたらされたサービスによるもので決まります。いくらホテルの外観や客室が美しく、料理が美味しかったとしても、そのホテルのサービスが悪かったとしたら、お客様はそのホテルに良い印象は決して持ちません。ホテルの印象を決める要素の大半はそのホテリエのサービスの腕にかかっているといっても過言では無いでしょう。

ホテリエとしての役割は、以下の内容です

◆ホテルは、年齢、性別、国籍などの異なる人々が利用する場所です。その全てのお客様に自身のサービスにてご満足をもたらすことが、役割となります。
お客様にも様々な方がいらっしゃいますので、全員にご満足いただくということは、そう容易なことでは有りません。
しかし、どんなお客様にも共通して言える事は、どんな方であっても、心のこもった接客を喜ばない方はいないという事です。その「心のこもった接客」を実践する為には、ホスピタリティーの心を持つ事が大前提です。お客様を、ホスピタリティー精神溢れる思いやりの心をもって温かくお迎えする為、お客様の気持ちに対しての、細やかな「目配り」「心配り」「気配り」が出来るよう心がけるようにしましょう。

そして、より質の高いサービスを提供するためには、自分自身の人間性の質の高さが求められます。正確な敬語を用いた丁寧な言葉遣いはもちろんの事、品位を感じさせる所作等は、一朝一夕で身につけられるものでは有りません。また、お客様に少しでもご不快な思いをさせる事の無い様に、例え辛い時でも爽やかな笑顔を絶やすこと無くお客様にご奉仕しなくてはなりません。このような姿勢は、業務の時のみ発揮する、ということは非常に難しいことです。日頃から、礼儀や言葉遣い、そして所作の美しさや他者への気配りなどを、忘れない事が大切です。

【キャリアストリーム編集部からの一言】
ホテリエとしての心のこもったおもてなしを実現する為には、コミュニケーション能力も非常に大切になってきます。ホテルに出入りするお客様には様々な方々がいることを鑑みて、日頃からそうしたお客様と円滑にコミュニケーションをはかるためにも、時事的な事柄はもちろんの事、様々な年代のお客様との話題にも対応できるような幅広い知見を持ち合わせていられるような日頃の情報収取の努力も欠かせません。

TOP